アイルランド 海外生活

アイルランドの安いスーパー5選

投稿日:

こんにちは、現在アイルランドのダブリンに住んでいるてまりです。

最近のアイルランドは家不足のため賃貸物件がなかなか見つからず、見つかったとしても家賃がびっくりするほど高く、シェアハウスなのは当たり前です。

そのため家賃にかなりお金を消費するので、食費や生活費はなるべく節約したいものです。

※2023年1月22日現在 1ユーロ=約140円

Lidl(リドル)

私が毎日食材を買いに行くのは、このスーパーです。

調味料や食材はもちろん、トイレットペーパーや歯磨き粉、クレンジングミルクやシャンプーリンスなど、ここに来ればだいたい揃います。

安くて質が良く、時々値引きもあって嬉しいです。

パンコーナーにはチョコクロワッサンやドーナツ、フランスパン、フォカッチャなど、35セント〜2ユーロほどで購入できます。

フランスパンはベーコンと目玉焼きを間に挟んで、サンドイッチが作れます。

私は甘い系のパンは、時々朝ごはんに食べます。

学校や仕事場にお昼ご飯を持って行く場合には、2.5ユーロほどでパックのサンドイッチやラップ(春巻きに似ている)が買えます。

水は2リットルで67セントぐらい。

ジンジャーエールやレモンティー、オレンジジュース、アップルジュース、牛乳は2ユーロ以下で買えます。

シリアルは、500〜700gで78セント〜4ユーロなど値段と好みで、いろいろと選べます。

ポテチやその他スナックはだいたい2ユーロ弱で、日本の方がちょっと安いかな?と感じました。

お肉はベーコンやハム(2〜3ユーロ)以外に、鶏肉、豚肉、牛肉、七面鳥の肉(ターキー)などがあり、だいたい3〜5ユーロくらいが多い印象です。

リドルの良いところは、セルフレジと普通のレジのどちらもあるところです。

英語に慣れていないうちは、セルフレジがとてもありがたいです。

また、リドルのエコバッグは丈夫でたくさん入るので、おすすめです。(レジ近くのスタッフのお姉さんがだいたい持ってます)

DUNNES STORES(ドゥーニーズストア)

ショッピングモールの中にだいたいあります。

こちらもセルフレジと普通のレジがあります。

個人的にはここの、ストロベリーのアイリッシュヨーグルトが大好きで定期的に買いに行きます。

均一49セントの野菜や果物のコーナーがあったり、パンコーナーは閉店時間が近づいてくると、30セントくらいの超お買い得なパンが並ぶ時があります。

あとはクッキーが激安です。

55セントでチョコがかかった美味しいクッキー(20枚くらい)が買えます。

寿司も置いてあり、5〜10ユーロとお高めですが買えます。

フードコートがあり、買ってすぐ食べられます。

基本的にリドルの方が安いですが、時々こっちの方が安いものもあります。

Dealz(ディールズ)

ここには生活用品とお菓子と文具、雑貨、カップラーメンがあり、安いです。

どこもだいたいセルフレジは無いようです。

食材は無いのですが、シャンプーやリンスは3〜4ユーロほどで、ボディソープは1.5〜2ユーロほどと激安です。

女性にとって必需品の、おりものシートやナプキンも3ユーロ以下で買えます。

私はここで英語の勉強用ノートを買いました。

日本のダイソーのようなお店で私は好きです。

Aldi(アルディー)

リドルと似ているスーパーです。

だいたいセルフレジは無いです。

たまに、リドルより安いベーコンや卵を買いに来ます。

パンコーナーは小さめですがあります。

TESCO(テスコ)

品揃えはとても良いです。

リドルと比べると高いですが、バカ高くは無いです。

その分、質が良いような印象です。

セルフレジのところもあれば、普通のレジのところもあります。

日本のコンビニと同じ感じで、近くにテスコしか無ければ行きます。

おわりに

これもあれも欲しい、となるとたくさんお金を使ってしまうので、最初の方は失敗もありますが、使うもの食べるものを過不足なく買う能力が必要です。

-アイルランド, 海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外と日本の「子どもっぽい」の考え方の違い

こんにちは!てまりです。 2023年1月の現在、スペイン人の夫と共にアイルランドに住んでいます。 ところで、スペインの文化では家族をとても大切にするため、 夫は毎日2回以上は、ビデオ通話や電話を当たり …

鹿を探せ!アイルランドのフェニックスパーク

こんにちは! 現在アイルランドに住んでいるてまりです。 「フェニックスパーク」はアイルランドのダブリンにある、野生の鹿が見られる 観光スポットです。 私と夫は2回行きました。(また行くかも) 1回目は …