海外生活

海外と日本の「子どもっぽい」の考え方の違い

投稿日:2023年1月16日 更新日:

こんにちは!てまりです。

2023年1月の現在、スペイン人の夫と共にアイルランドに住んでいます。

ところで、スペインの文化では家族をとても大切にするため、

夫は毎日2回以上は、ビデオ通話や電話を当たり前にします。

それは義務ではなく、やりたいからしています。

(義母は連絡がないと心配してちょっと怒るらしいですが)

私も毎晩そのビデオ通話に参加しますが、日本で育ったため愛想笑いを時々してしまい、

疲れる時もありました。

ありがたいことに夫の両親は、時々素直に笑えない私の性格を理解してくれています。

そんな中で、分かったことがありました。

それは海外と日本の「子どもっぽい」という言葉に対する印象や使い方の違いです。

まず結論から言いますと、

「子どもっぽい」に対する日本での意味は大抵ネガティヴな意味です。

それに対し、海外で言う「子どもっぽい」は

ネガティヴな意味とポジティブな意味の2通りあります。

日本での「子どもぽい」

私たち日本人が使う「子どもっぽい」の意味は、

言動がまるで子どものようである。幼稚である

です。

使い方の例としては、

「彼はもういい大人なのに、すぐに怒り言い訳を言う所は、子どもっぽい」

「人に甘えてばかりで、努力すればできることをしないのは子どもっぽい」

などがあると思います。

それらは、わがままで自己中心的なイメージを受けます。

海外での「子どもっぽい」

ネガティヴな意味

海外の人が使う「子どもっぽい」のネガティヴな意味は2つあります。

まず、英語では Childish 、スペイン語では Infantil と訳すことができます。

一つ目の意味は、言動がまるで子どものようである。幼稚である。で、

日本での意味と同じです。

二つ目の意味は、(大人のように)責任を取りたくない。挑戦しない。すぐに諦める。

です。

ん?どう言うこと?と思う方が多いかもしれません。

無理やり日本語に訳した、使い方の例としては、

「彼女は起業に挑戦できる状況にあっても、失敗を恐れて何もしない(諦める)のは

子どもっぽい」

「彼はジェットコースターに乗ったことがないのに、落ちることを怖がって

乗らないのは子どもっぽい」

です。

今もまだ、は?と思うかもしれません。

要するに、海外の人の考えでは自分の可能性を信じずに、

悪い結果を恐れて挑戦しないのは、大人ではないのです。

思わずハッとさせられました。

なぜなら、今までそれが良いこと、正しいこと、大人な選び方だと

思って生きてきたからです。

挑戦して、仮に悪い結果になっても、責任をとるのが大人なのです。

だから、失敗して責任を取りたくない、嫌な思いをしたくない、自信を失いたくない、

人に迷惑をかけたくない、だからやらない、という考えは子どものする考え方なのです。

日本人にとっては失敗を避けるのは正しいことであり、大人なのかもしれませんが、

海外の人にとっては言い訳として捉えられることが多いです。(個人差はあります)

ポジティブな意味

海外の人(特に南ヨーロッパの人)が使う「子どもっぽい」のポジティブな意味は1つです。

それは、

子どものように無邪気で自由である。

ひどく苦しんだ経験がまだないため、楽観的(良い意味で)

です。

スペイン語の「子どもっぽい」の Infantil は、このポジティブな意味も含みます。

類似語「子どもらしい」について

もう一つ似ている言い方である、「子供らしい」はどうなんでしょう。

日本で使う時は、大抵ポジティブな意味だと思います。

例えば「先生は無邪気で子どもらしい笑顔を見せた」など。

英語では Childlike 、スペイン語では先程と同じ、 Infantil と訳されます。

海外の人も「子どもらしい」はポジティブな意味で使います。

おわりに

実のところ、私はスペイン人の義母に「やっぱりあなたは子どもっぽいわね」

と言われたことがあります。

それを受けて私は「言動が子ども過ぎて嫌われてしまったのかな…」とショックでした。

愛する夫のお母さんなので、良い印象を持って欲しかったのです。

お恥ずかしいですが我慢できず泣きました。(←はい、まさに子どもっぽいです)

しかし、義母が言った「子どもっぽい」は日本の「子どもっぽい」ではなかったのです。

ネガティブな意味とポジティブな意味が、半分半分でした。

やってみてないのに諦める。

と、

ひどく苦しんだ経験がまだないため、楽観的(良い意味で)

の意味が含まれていました。

後で夫が説明してくれたので、理解することができました。

嫌われた訳じゃなかったです(笑)

文化の違いと、私がまだスペイン語が分からないがゆえに、起きたアクシデントでした。

そんなこんなですが、素直で愛情表現が豊かな義母は大好きです。

何も悪くないのに、何度も誤解させてごめんねと言われました。

きっと言葉が通じたらもっともっと仲良くなれるのだと思います。

-海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

鹿を探せ!アイルランドのフェニックスパーク

こんにちは! 現在アイルランドに住んでいるてまりです。 「フェニックスパーク」はアイルランドのダブリンにある、野生の鹿が見られる 観光スポットです。 私と夫は2回行きました。(また行くかも) 1回目は …

no image

アイルランドの安いスーパー5選

こんにちは、現在アイルランドのダブリンに住んでいるてまりです。 最近のアイルランドは家不足のため賃貸物件がなかなか見つからず、見つかったとしても家賃がびっくりするほど高く、シェアハウスなのは当たり前で …